今日の始まり

朝日

| - | 00:07 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
朝が来る

     西脇たみ恵

 

夜明け

それは決別の時

どんなに暗い夜も

夜のままでいられない

 

昨日は終わった

シャッターを下ろすように

瞼を閉じても

昨日は帰って来ない

 

来る日も来る日も

限りなく新しい朝が来る

寝た振りしてやり過ごせない

眩しい朝

 

思い切り深呼吸しよう

やり残した事も

やりたい事も

未だ 沢山ある

| 木曜会会員 | 00:06 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
冬の空

       岩原陽子

 

冬の空は少し無愛想

灰色の雲は

どっしりと腰を据え

時おりピューと口笛ならす

 

冬の空は少し不機嫌

つむじを曲げた

こどものように

訳もわからず(みぞれ)を降らす

| 木曜会会員 | 00:05 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
待っていたの?

          中尾寿満子

 

前足二本折りたたみ

鋭く前方を見つめている目

触角を彎曲に伸ばし

ベランダの物干竿の下で

息絶えている かまきり

 

燕尾服の裾を開くように

後足四本で 背を伸ばし

息絶えている かまきり

舞踏会の誘いを

待っていたかのように

| 木曜会会員 | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
折り紙ギャラリー

        黒澤弓子

 

ピアノの生徒たち

お迎えを待つ間に

色々な折り紙作品が生まれる

 

本棚の扉や 壁に貼り 

部屋は

小さな 折り紙ギャラリーとなる

 

一つ一つに

子供の真剣な顔が重なる

                                                                                                           

小さかった子供達は

だんだん 大きくなって

放っておかれる折り紙

 

「ねえ・・・誰か遊んでよ」と

折り紙たちは寂しそう

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
フォスター残照

           片山洋

 

アメリカ人の

心の故郷とも言うべき

なつかしい歌を

数々作ったフォスター

作曲だけでなく

作詞もした詩人だった

 

時代は

稀有な詩人の魂を

受け容れる準備ができていなかった

経済的な困窮で

不幸な晩年を迎えてしまった

それでも彼は

己の才能を存分に発揮したのだろう

| 木曜会会員 | 00:02 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
カラスとわたし

        上原美代子

 

畑の用事を済ませ

家へ帰る途中

カラスが一羽 ついて来て

横へ並んで歩く

「なに・・・」と

不思議に思ったが追い立てもせず

一緒に歩きながら ジッとカラスを見る

「いかさま黒いなァ 一つも白いところがない」

自然に言葉が出た

前を向いたまま

「ツン」とすまして横も向かない

 

「ついて来るッて可愛いなァ」と思いつつ

口ばしの黒い堅いのがこわかった

 

 

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
歩道橋は今日も

       山形裕昭

 

歩道橋の

少しでこぼこした アスファルトの階段を

子どもたちのちいさな靴が

いくつもかけあがっていく

 

幼いころからぼくらをのせて

あそんでくれた歩道橋

「ジャンケンポン」

チョキでかったら 「チョコレート」

パーでかったら 「パイナップル」

階段をステップ

みんなで きれいな夕焼けながめた

下では いつも ガターン ゴトーンと

音を立てて 路面電車が走ってた

 

路面電車が廃止される日

ぼくは 歩道橋の上にのぼって

たくさんのきれいな花で包まれた電車を見おろし

買ってもらったばかりの

ポケットカメラで写真にとった

 

もう電車も線路も クモの巣のような

電線もない

歩道橋は

ところどころ さびついて

手すりも折れているけど

今日も 少年の日の思い出と共に

そこにある

 

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
小さな春を待つ

        瀬野啓子

 

近くの 小さな梅林は散歩道

 

今は冬枯れ

枯れ葉と 枯れ草が積もり 侘しい

 

それでも

木々達は 新しい春を抱えて

開花する(とき)に 備えているのだろう

 

見えない所で育っている

春への思いが 伝わってくる

 

少し はにかみながら

甘い香りで 誘ってくれる

開花の日が 待ち遠しい

| 木曜会(編集委員) | 00:00 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
懐かしの大阪万博

大阪万博

| - | 23:56 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS