惜しむ春

枝垂桜

| - | 00:06 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
玉蔵院一景

      西脇たみ恵

 

かすかな風に揺れる枝

ふわりと 舞い降りた春が

自身に酔いしれるように

桜を揺らす

 

寺には 早咲きの

枝垂れ桜一本

溜息さえ桜色になりそうな一景

 

カメラを構え 携帯をかざし

春を切り取る

 

見知らぬ人と自慢げに見せ合う

一本の桜は

それぞれの画面で増幅し 

春爛漫

 

桜が取り持つ縁で

心まで春めく

| 木曜会(編集委員) | 00:05 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
ご免ネごめんネの電車

              北上太郎

 

家々の間をぬうようにして

カタコト 下駄でも履いて

いるような

車輪の音を響かせて

 

踏切では やっぱり

人を止め 車を止めて

その間を ご免ネ ごめんネ

と いうようにして

 

どの駅にも ていねいに停車して

なじみのお客を

ゆっくり 乗せたり 降ろしたり

決して 急がない

 

今 通るのは

丁度 十二時の電車

家々からは 昼どきの匂い

それを かぐようにして 通る

 

| 木曜会会員 | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
隅田川のほとりで

             澤井克子

 

言問橋から浅草まで

隅田川のほとりを

友達三人で歩く

 

三人の期待を知って

待っていてくれたかのように

咲いていた桜の花

 

観音様にお参りしたあと

いつもあんみつ食べるのを

川の向こうのスカイツリーに

知られているような気がする

 

人波の流れにまかせて

来年もまた来ようと

約束までして歩く

| 木曜会会員 | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
ウグイスの声

      吉田房子

 

夫の眠る

菩提寺は

いつもきれいに

掃除されて

お墓に眠る人も

気持ちがいいだろう

 

もくれんの花が終って

今は椿の季節

 

どこかで

ホーホケキョの

声がしている

 

ウグイスと言えば

梅の季節と 思っていたが

 

清々しい境内は

四月のウグイスの声もよく似合う

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
ねぎ坊主

     橋本美智子

 

キッチンのカウンターのすみに

咲いているねぎ坊主

ぽあぽあの白い苞の中に

うすみどりの色がすけて見える

八百屋さんから買って来て

まだ何日でもないのに

 

おまえは観賞用の花になったつもりなの

グラスにさした

たった一つのねぎ坊主だけど

故郷の畠に私を誘ってくれる

緑の葉と白い茎の立ち並ぶ

美しい光景を思い出させてくれる

 

                                                              

 

| 木曜会会員 | 00:02 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
木曜会で会いましょう

                                小川ひろを

 

第四火曜日の夕方

いつもの「木曜会」集いの場所へ

それは谷中銀座入口に程近いところ

 

三編の作品をたずさえて

 

テーブルを囲んでの車座で

集まったみんなで廻し読み

 

批評 添削 講評など

 

さて パスする作品が

あるといいんだけれど

| 木曜会会員 | 00:02 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
舟に乗った石棺

                         片山洋

 

福岡県の五郎山古墳

石室の横の壁には舟が描かれ

舟の中央に四角形の石棺

舟の上にはたくさんの星があり

舟は星空を旅している

 

星空を旅した人は

何を夢見たのだろう

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
どの花が好き?

                  瀬野啓子

 

庭に 次々開花する つつじの花

その花々に彩りを添えるように

どこからか飛んで来た 紋黄蝶一羽

ヒラ ヒラ ヒラ ヒラ

優雅に舞っている

 

どの花に止まるのか 気になるが

止まりそうで 止まらない蝶

勿体振って 焦らすように

舞い続けている

 

| 木曜会(編集委員) | 00:00 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
三人力だよ

三色ボールペン

| - | 00:05 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS