寺での演奏会

          澤井克子

 

本堂の床に仰向けになって

天井を眺めながら

クリスタル演奏を聴いている

 

治療にもなるという

水晶で出来た楽器

ピーンと澄んだ調べが流れる

 

女性の演奏者の

眠ってもいいんですよーの声

すでにいびきが聞こえている

 

その中をくぐるクリスタルの音色

身も心も癒されて

阿弥陀様も見守って下さっている

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
思い出のゴムボール

             寺澤朋子

 

サッカーボールに似せた

カラフルなミニのゴムボール

母と机の上を

ころころところがしたり

投げあったりした

 

母は亡くなって久しく

今は一人で遊ぶゴムボール

右手で上にあげて

左手で受け取って・・・

 

母の笑い声が聞こえてきて

仕草までよみがえり

繰り返す 一人遊び

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
詩に出会う

     小川ひろを

 

誰かに聞いた

詩は文字で書いた絵

絵は文字のない詩

 

そして今

いい詩に出合うと

読み薬となり

 

いい詩が出来ると

書き薬となるようだ

| 木曜会会員 | 00:02 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
涙があふれて

          片山洋

 

足の裏のイボで

通院四回目の

六歳の女の子

液体窒素をつける前から

目に涙があふれていた

 

液体窒素が痛いことを

君はしっかり覚えていて

つける前から涙をこぼしていたんだね

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
焼き芋半分こ

       上原美代子

 

家の横を焼き芋売りの車が通る

「最近 焼き芋いくらくらいするのだろう」

終戦当時 嫌というほど食べさせられた芋

懐かしく 食べてみたい

 

嫁がホカホカの焼き芋を買ってきてくれた

包んだ紙から出した芋は大きい

「半分でええわ」と言うと

「熱い 熱い」と言いながら

嫁が半分にしてくれた

嫁と半分こが楽しい

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
ペケ屋の包丁

       中原千津子

 

包丁を買った

名だたる ペケ屋の包丁

ずっと 欲しかった

 

包丁はいろいろもっている

鋼の出刃 菜っきり 刺身包丁

 

しかし

常時 使うのは

ステンレス製の文化包丁 2丁

錆びないという理由で手軽・気軽

このままで 過ごしていいものか

 

やっぱり いいものはいい

ペケ屋の包丁

切れ味が違う 惚れ惚れする

 

せっかく 買ったのに

大事にしまっている

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
いいかげんにせい

        三輪アイ子

 

考えてもしょうもないことを

くりかえし くりかえし

むしかえす

ふんぎりのわるい私よ

いいかげんにせい

 

こわれかけた

蛇口のように

ぐちがこぼれる

弱虫の私よ

ふんぎりのわるい私よ

いいかげんにせい

 

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
球根

    安井和美

 

冬の冷たさを養分として

春に花を咲かす

秋植えの球根

 

小さな丸い球の中に

ぎっしり詰まっている

暖かな未来への憧憬

 

| 木曜会会員 | 00:02 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
東京都シルバーパス

         小川ひろを

 

高齢者優待乗車証

私の名前は狹豕都シルバーパス

 

私を利用しての いつもの路線

今日も混んでる バス車内

 

混むのは 通勤通学の時間だけだったのに

今は四六時中混んでます

 

杖や色柄のステッキ

キャスター付き買物かごでイッパイ

 

私の利用者は

今日も 元気 げんきで

お出掛けします

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
自動車の運転

       片山洋

 

ノロノロ運転はしていないのに

後ろから

車間距離を取らず

ピタッとくっつける車がある

 

遊びでそうするのだろうか

気にいらないことがあるのだろうか

| 木曜会会員 | 00:00 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS