<< 体が覚えている | main | 淋しい呟き >>
姑(はは)の作った茶碗
          渡辺寿美子

姑(はは)の部屋を掃除していると
あっちのダンボールにも
こっちのダンボールにも
新聞紙にくるまれた
姑(はは)の手ひねりの陶器が
ぎっしり

「みてんか」と
私を部屋に呼び入れて
満面の笑みで披露してくれた力作
「あかんかったわ」
落胆した言葉を添えた作品も

重たくて暖かみのある茶碗たち
一つ一つの器から
姑の思いが 立ち昇ってくるよう

| 木曜会会員 | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS