<< 10ぴきの猫 | main | 麦秋のなかを >>
山桑の実のみのる頃

          北上太郎

 

山桑の実に 狙いをつけて 登る

山桑の木は 十米にもなる 大木

靴を脱ぎ 木に抱きついて 登る

土踏まずを幹に吸いつけて みんなで登る

 

濃い紫色のものが うまいから

それを選んで 食べる

ほんのり甘く やわらかで

お腹にやさしい おやつ

 

食べた後は 山桑の木の根元に

並んで 腰を下ろす

ふる里を 一望におさめて

誰もが無口 満ち足りている

 

どの子の唇も むらさき

どの子の指先も むらさき

食べた数だけ 色濃く染めている

| こどものうた(木曜会会員) | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS