<< 敬老の日に | main | 稔の時を迎えて >>
吉備路をのんびりゆったり

                      尾崎 杏子

 

国分寺の五重の塔の回りに

古代米の赤い稲穂のさざ波が広がる吉備路

 

ぼんやり時を忘れていると

五重の塔が夕映えに染まりはじめ

空には夕月も

古(いにしえ)にタイムスリップしたかのよう

 

通りすぎるだけだった故郷

吉備路にのんびり ゆったり逗留したら

せかせかした都会のリズムを忘れ

まあるい心の私がいる

 

 

| 木曜会(編集委員) | 00:05 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS