<< ヒガンバナ | main | 胡桃を割りましょ >>
銅の胡桃割り

      宮中雲子

 

あちこち緑青が浮き出している

銅の胡桃割り

いかにも年代物といいたいが

父の代からのもの

 

もっぱら銀杏割に用いていたが

胡桃をもらって

割ることに

 

銀杏の殻にくらべ

その殻の硬いこと

思いがけない力を要する

 

次世代への命を抱いているのは

銀杏も同じだが

他を拒む力は 

胡桃の方が遥かに強い

 

父が胡桃を割る姿を見たことはない

胡桃を割る本懐を

私の手でと 利き手に力を込める

| 木曜会(編集委員) | 00:05 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS