<< 優しいお姿に惹かれて | main | 懐かしの大阪万博 >>
祖父と大阪万博

大阪万博             

                大野悦子

 

医者嫌いの祖父は

救急車で病院に運ばれた

二カ月あまりの闘病生活だった

1970年大阪万博でにぎわっていた七月に

六十歳で亡くなった

 

祖父はお酒を飲んでは母を困らせていた

私には

旅のみやげを買ってきてくれる優しいひとだった

 

喪が明けないうちに

大阪万博に出かけることを

母は迷っていた

それでも

中学一年生の夏休みが終わるころ

家族で万博会場に出かけた

母は祖父の写真を財布に忍ばせて

 

 あのとき

 月の石を見るために

 パビリオンの行列に並んだ父も母も

もういない・・・

 

2025年に大阪万博開催が決まった

 

         インターネット木曜手帖

             平成31年2月

 

*コメント

 おじいさんと大阪万博のことが、手際よく

まとめられています。おじいさんへのそれぞれの

思いもよく書かれています。

 ご両親の亡くなられたことや、これからの

万博まで書くのは、書きすぎですよ。

題も「祖父と大阪万博」になさるといいですね。

今回は、詩は3節までで、4節と5節はカット

題を直すだけでいいですよ。

 

 

祖父と大阪万博

             大野悦子

        

医者嫌いの祖父は

救急車で病院に運ばれた

二カ月あまりの闘病生活だった

1970年大阪万博でにぎわっていた七月に

六十歳で亡くなった

 

祖父はお酒を飲んでは母を困らせていた

私には

旅のみやげを買ってきてくれる優しいひとだった

 

喪が明けないうちに

大阪万博に出かけることを

母は迷っていた

それでも

中学一年生の夏休みが終わるころ

家族で万博会場に出かけた

母は祖父の写真を財布に忍ばせて

| 木曜会会員(コメント) | 23:46 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS