<< 小さな春を待つ | main | カラスとわたし >>
歩道橋は今日も

       山形裕昭

 

歩道橋の

少しでこぼこした アスファルトの階段を

子どもたちのちいさな靴が

いくつもかけあがっていく

 

幼いころからぼくらをのせて

あそんでくれた歩道橋

「ジャンケンポン」

チョキでかったら 「チョコレート」

パーでかったら 「パイナップル」

階段をステップ

みんなで きれいな夕焼けながめた

下では いつも ガターン ゴトーンと

音を立てて 路面電車が走ってた

 

路面電車が廃止される日

ぼくは 歩道橋の上にのぼって

たくさんのきれいな花で包まれた電車を見おろし

買ってもらったばかりの

ポケットカメラで写真にとった

 

もう電車も線路も クモの巣のような

電線もない

歩道橋は

ところどころ さびついて

手すりも折れているけど

今日も 少年の日の思い出と共に

そこにある

 

| 木曜会会員 | 00:01 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS