<< 四月 | main | 浅草橋から >>
金継ぎ

     渡辺 真知子

 

欠けたまま

時を止めていた九谷の皿

 

金色の一本の線が

再び時を進める

 

一か所を繋ぐために

幾度もの塗りを重ねるという金継ぎ

 

修復の張りつめた時間を

一本の金色の線の裏にして

 

九谷の個性に

ぴたりと寄り添う

 

 

 

| 木曜会会員 | 00:00 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS