<< 花筏 | main | その音色を聞きたかったけれど・・・ >>
ホロビッツが愛したピアノ

           尾崎 杏子

 

会場にはグランドピアノが一台

ホロヴィッツの愛器スタインウェイ

どんな経緯で海を渡り

ここに在るのだろう

 

一人の女性ピアニストの演奏で

クラッシックでは重厚な響きを

ジャズの演奏では

スパイスの効いた弾む音色を

軽やかに醸し出した

 

ホロヴィッツも

このピアノでジャズを

弾いたことがあっただろうか

| 木曜会(編集委員) | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS