<< 私は白毛女だった | main | その美しさ故に >>
富士山は今…

        瀬野啓子

 

戦時中 疎開していた

富士山の麓の街を久しぶりに訪ねる

 

当時 家族と離れて暮す事は

淋しく 悲しく

富士山を見ては泣いていた 小学生だった

 

今では 文化遺産になった日本一の山と

日々向き合っていられた

誇らしい思いになる

 

刻々と列車は目的地に近付き

思い出の中の山が

だんだん鮮明になって浮かんでいる

| 木曜会(編集委員) | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS