<< 母さん 咲きましたよ | main | 全ての想いを紙に載せ >>
文鎮の裸婦

       宮中雲子

 

書道に向かう度

広げた紙を留めて横たわる

文鎮の裸婦

 

ひとつの点を打っては

首をひねり

一本の線を引いては

今いちと溜息をつき

苦悩する私におかまいなく

胸から腰を艶やかにくねらせ

気楽なポーズ

 

モデルの女性は

その製作過程に於いて

画家の注文に応え

耐えながら

ポーズをとっていたのだろうが

 

提出期限が迫り

満足出来ない一枚に

いらだつ私の目の前で

何の憂いもなさそうに横たわっている

文鎮の裸婦

| 木曜会(編集委員) | 00:04 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS