<< 紫式部 | main | 亡父からの贈りもの >>
リミット

      中原千津子

 

いつからか

いつのまにか

 

ものの限界 極限を

考えるようになった

 

当たり前か

歳をとってきたのだからね

 

愛しい人も 仔犬も だいじなものも

昨日 蒔いた種でさえ

見届けないで 終わるかもしれない

どんなに あがいたってね

 

それは

父が 母が 姑さんが

見せてくれた

 

近頃は

黙って わたしを追い越していく

身近な友だちが教えてくれる

 

 

 

 

| 木曜会会員 | 00:03 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS