<< 堂々の男前 | main | 土合駅の階段 >>
烏の会談

     西脇たみ恵

 

烏が鳴く

一羽が鳴くと呼応したように

それは鳴くというより

声高な会談

 

何か宜しくない事を

進めているような 

 

いつも通っている道なのに

烏が怖くて通れない

思わず遠まわりをして帰る

 

烏の知能は年々向上し

記憶力もいいと聞く

烏に譲った道

道だけで済めばいいが

 

ゾワリ 不気味な恐怖が

肌をなぜてきた

| 木曜会(編集委員) | 20:30 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS