<< 私流のお葬式 | main | 花の名は? >>
残り桜

     岩原陽子

 

まだかまだかと

待たれ続けた桜の蕾

ひと花 ひと花開くごと

人は見上げて喜んだ

 

春一番に

吹き飛ばされた花びらは

地面も川面も

ピンクに染める

 

人は見上げることもなく

通り過ぎてゆくけれど

残り桜は若葉のもと

のんびりと咲いている

 

| - | 00:00 | comments(0) | - | ↑TOP
bottom
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS